大卒と資格の無意味さ、雇われていることの愚かさ

 

 

 

この日本という国に住み続けるのであれば、雇われていたら一生会社の駒として自由になれない人生を送ることになります

 

人の幸せの形って様々だし、他人がどう生きようが関係ないけど、少しだけ首を突っ込ませてもらうと普通に安定した人生を送りたいって奴は終わってると思う。

 

人間なら誰しも自分の好きな食べ物毎日食べたいし、本当は会社も行きたくないし、したい時にしたいことして生きていきたいはずなんだよね。

 

なのに、なぜ夢を語らずに普通の暮らしできればいいなんて奴が出てくるかって、そんなの自分には無縁とか、出来るはずないってどこかで諦めてるからそんな夢のない夢を語るんだと思うわけ。

 

じゃあ君は出来ないって言う以前にそれを掴む努力はしたの?やれるだけの事全部やったの?って僕は思う。

 

 

せっかくこんな良い時代に生まれてきたのにそんなんじゃせっかく生きてるのにもったいない、人生浪費してるなって思う。

 

 

ただ一つ言えるのは、雇われてるうちは理想の生活なんて出来るはずがない。なぜなら、人に給料決められる、働く時間も決められてるって状態で自由な生活が送れるはずがないから。

 

 

ただし例外なのは自分が本当にやりたい仕事やってる人。つまり趣味と仕事がリンクしてる人は上記の限りではない。

 

 

要は何が言いたいかって、雇われるための基準である大卒、一流大卒等の学歴や資格に囚われてるのは無駄ってこと。

 

 

なぜなら、仕事の幅は広がるけど、生活の幅は一向に広がらないから。

 

 

最初はみんな希望を持って入社しても、気づいたら死んだ目をして仕事行きたくないとか愚痴を垂れながら食ってくためだけに仕事してる。充実した人生を送るためではなくて、生活するために仕事してる。

 

 

少ない給料、限られた休みしかない状況で、必然的に娯楽に使える時間も金も限られてくる。

 

 

それで幸せって人もいるだろうし、幸せなんて人それぞれだけど、俺はそんな縛られた人生嫌だから大学辞める。

 

 

で、具体的に何するの?って言ったら、限りなく簡略化していえば、権利収入を得るための努力をすればいい。

 

 

権利収入さえ安定して入るようになれば、自分が寝てようが遊んでようが勝手にお金が入ってくる。

 

 

時間は使い放題だしお金もある。

 

 

ちょっとだけ考え方、ものの見方を変えて、実行する勇気と意志さえあれば、誰でも幸せになれると僕は思う。